院内設備

CT(コンピュータ断層診断)装置

CT検査は、X線を使って身体の断面を撮影する検査です。 体内の様々な病巣を発見することができますが、特に心臓、大動脈、気管支・肺などの胸部、肝臓、腎臓などの腹部の病変に関しては、優れた描出能が知られています。脳や肝臓、すい臓、腎臓、副腎と言った臓器は、レントゲンには写りません。一方CTではこれらの臓器も断層像としてとらえることができます。病変と周辺臓器の位置関係も立体的にとらえることができるCTは、がんの画像診断において大変活躍します。


エコー(超音波)装置

超音波検査は、人の耳には聞こえない音(超音派)を当て、体内の組織にぶつかってはね返ってきた音(エコー)を画像にする検査です。エコー検査とも言います。基本的に痛みはなく、体への影響が少ないため、繰り返し行うことができます。 超音波検査では、腹部・頚動脈・甲状腺・乳腺・心臓、下肢動脈・下肢静脈などを調べることができます。腹部では、主に肝臓、腎臓、膵臓、胆嚢、膀胱、前立腺、子宮、腹部大動脈などを検査し、脂肪肝や胆石、腎結石、良性腫瘍や悪性腫瘍(ガン)、動脈瘤など、様々な疾患を発見することができます。頚動脈では、血管の状態を直接観察でき、動脈硬化などを発見することができます。甲状腺や乳腺では、甲状腺の大きさや乳腺症、良性腫瘍や悪性腫瘍(ガン)などがないかを調べます。心臓の大きさ、筋肉の動き、弁の状態を観察し、心筋梗塞や心臓肥大、弁膜症や先天性疾患の有無、心不全の程度などを調べます。下肢動脈では、動脈硬化の程度や動脈瘤、血栓などがないか、下肢静脈では血栓や静脈瘤などがないか調べます。

消化器内視鏡

内視鏡検査とは内腔を有する臓器の中に先端にビデオカメラが装填されている屈曲が自由な柔らかい管(ファイバー)を挿入し、口から食道、胃、十二指腸、肛門からは大腸を観察する検査です。一般には内視鏡は「胃カメラや大腸カメラ」といわれ、観察する場所により胃内視鏡、直腸鏡、大腸内視鏡などと呼ばれ、管の太さが違います。内視鏡検査の目的は内腔面をおおう粘膜の変化を見つけ、その粘膜の一部をつまみ取り(生検)、その粘膜を顕微鏡により観察し、粘膜を構成する細胞の性格が良性か悪性(がん)かを判定することです。微少ながんを早期に発見することができる検査です。また、検査だけでなく、微少がんを見つけて、そのがんの部分を含めて粘膜を内視鏡を使って切除するという内視鏡的な治療があります。