在宅医療

「我が家に帰りたい」「家族といつも一緒にいたい」そんな患者様の思い。「いつもそばで寄り添っていてあげたい」「最後は好きだったこの家で家族みんなで見送ってあげたい」そんなご家族の思い。
その思いを叶える方法の一つに、在宅医療があります。家族の誰かが、病気になり通院できない場合に自宅などで治療を行うことが在宅医療です。医師をはじめ、歯科医師、訪問看護師、薬剤師、栄養士、理学療法士、ケアマネージャー、ホームヘルパーなど多くの方々が連携して定期的に患者さんのご自宅などを訪問し、チームとなり患者様の治療やケアを24時間対応で行なう医療活動です。

どのような診療を受けられるの?

患者様のご自宅に、医師がお伺いし、診療を行います。原則として月2回(容態に応じます)、定期的かつ計画的に訪問を行い、診療、治療、お薬の処方、療養上のアドバイス、医学的指導などを行います。 24時間体制で、緊急時にも必要に応じた臨時往診を行います。

利用できるのはどんな人?

医療機関への外来通院が困難な方、ご自宅で療養生活を送る方が対象です。

医療機器がある場合でも大丈夫ですか?

在宅酸素療法や中心静脈栄養などの特別な処置や管理が必要な場合も大丈夫です。ガン末期などの緩和医療や終末期医療を必要とされる患者様へも対応いたします。

お薬の処方はどのようになりますか?

処方箋を発行しますので、お近くの薬局でお薬を お求めください。お薬の配達も相談できます。

どのような医療内容が対応できますか?

がん末期 特定疾患 指定難病 神経難病 予防接種 寝たきり 気管切開 在宅酸素 胃ろう 腎ろう 在宅人工呼吸器 人工肛門 各種ドレーン 認知症 中心静脈栄養  褥瘡 在宅自己注射 など

訪問エリアは?

岡山市中区全体と北区一部。その他の地域にお住まいの方もご相談ください。

訪問看護

病気や障害を持った人が、住み慣れた地域やご自宅で、その人らしく療養生活を送れるように、看護師等が生活の場へ訪問し、看護ケアを提供し、自立への援助を促し、療養生活を支援するサービスです。
医師や関係機関と連携をとり、さまざまな在宅ケアサービスの使い方を提案します。


どのような看護が受けられるの?

医療処置(医師の指示書による)
医療機器の管理(在宅酸素・人工呼吸器など)
病状の観察(病気や障害の状態などのチェック)
床ずれ予防・処置(防止の工夫や指導、手当)
療養上のお世話(食事・入浴・排泄介助など)
ご家族への支援・相談(介護方法の指導など)

利用できるのはどんな人?

訪問看護のサービスは病気や障害のある方が利用できます。

訪問看護を利用するには?

[医療保険で訪問看護を利用する場合]
赤ちゃんからお年寄りまで年齢に関りなく訪問看護がご利用いただけます。ご利用を希望する際には、かかりつけ医にご相談ください。かかりつけ医が交付した「訪問看護指示書」に基づき、必要なサービスを提供します。

[介護保険で訪問看護を利用する場合]
要支援1~2または要介護1~5の認定を受けた方は、ケアマネージャーに相談し、かかりつけ医の指示書を受け、居宅サービス計画に訪問看護を組み入れてもらいます。

訪問エリアは?

岡山市中区全体と北区一部。その他の地域にお住まいの方もご相談ください。